「韓国 有機農業の父」ウォン・ギョンソン氏

韓国にはウォン・ギョンソン氏という「有機農業の父」と言われた人がいました。
ウォン・ギョンソン氏は韓国で初めて有機農をした人で、プルム院農場を設立し、国内最初の有機農団体である「正農会」を作りました。
プルム院農場の草創期は戦後だった事もあり、農場構成員の半分が孤児・無宿者・浮浪者だったそうです。


韓国の有機野菜情報について調べると、韓国にはオーガニックスーパーのチェーン店が本当に多いです。
日本よりもオーガニック野菜に対する情熱や需要や供給のシステムが整っていると感じます。
日本の場合は自然食品店と言っても個人商店のような所が多くて、チェーン店も全国に10店舗もない所が多いですが、韓国のオーガニックスーパーのチェーン店は例えばORGAは全国に60店舗以上、チョロッマウルは全国に300店舗以上あり、桁が違うと感じます。
(韓国のオーガニックスーパーについてはコネストさんの記事が参考になります)
それだけオーガニック野菜や健康に対する情熱や需要が高いという事ですね。


しかし何でも最初にスタートをしてスタイルを作る人は大変です。
韓国の有機農業のスタートを作ったウォン・ギョンソン氏は本当にすごい方だと思います。


ウォン・ギョンソン氏についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
「有機農業の父」プルム院設立者ウォン・ギョンソン院長 他界


応援してもらえると嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

-----------------------------------------------------------------------------------
*こちらのブログもやっています*
・日本に住む韓国・朝鮮籍の人達
・日韓友好に勤めた人達(韓国の農業の発展に尽くした日本人の記事も沢山あります)
・韓国のHP集
-----------------------------------------------------------------------------------

この記事へのトラックバック