寒い冬には木にもニットの手作り腹巻を!可愛い韓国ソウルの街路樹 ~ツリーハグキャンペーンとクラフィティ・ニッティング~

韓国では冬に、「ツリーハグキャンペーン」と「クラフィティ・ニッティング」という2つのイベントで街路樹に、市民が編んだ手作りのセーター、というか腹巻をしてあげるそうです。
ツリーハグキャンペーンの画像
クラフィティ・ニッティングの画像


デザインがとにかくお洒落で可愛いですよね。
クリスマスの季節には、木が向こうまでサンタ・サンタ・サンタ・・・です。
韓国の人達のこういうポップでストレートなセンス、大好きです。
(だって、そのまま木を抱っこしているデザインもありますよ!)


それにしてもこの腹巻くん達は、どうやって木に着せているんでしょうか?
ボタン?ジッパー?マジックテープ?
写真に写っていないので分からないのですが、そんな所が気になります・・・。
(別に気にするとこじゃないか?)
しかも2股の木には2股用のデザインと、木1本1本に合わせてデザインを作っているようなので、製作前から「あなたはこの木の腹巻を担当してください」という感じなのだろうか?
2股の木は、かなり技術いりますよね。
編み物をしない私には、どんな技術で2股の部分が繋がっているのか分かりません・・・。
やっぱり複雑な編み方ができる、編み物暦10年以上!のような、編み物プロフェッショナル市民が申し出て担当するんでしょうか・・・。


ソウルは冬はマイナスになる事もよくあるそうです。
木もこんな風に暖かい腹巻をしてもらったら、寒くて「やってらんないよ~」とやる気が無くなっていても、また頑張って葉っぱを落とすまいと踏ん張るんでしょうね。
ある意味ものすごいシンプルなアイデアの、エコロジー活動です。


スポンサーリンク

韓国オーガニックコスメ「イニスフリー」と「ネイチャーリパブリック」のお店の、お洒落な壁面緑化 ~40年間で100億本の木を植えた、世界も賞賛した韓国の緑化運動~

実は韓国は国をあげて緑化運動を行っており、40年間で100億本の植林をしたと言われています。
韓国は戦後、猛スピードで高度成長をしたのですが、そのツケとして公害問題も起こりました。
また韓国は昔からオンドルの国なので、薪にする木を切るために禿山が多かったそうです。
そして、このままではいけないと問題意識を感じた政府が、国をあげて緑化運動をしました。
そのスピードには、世界の環境問題に関わる人達も驚き賞賛したそうです。
こちらの方のブログに、さらに詳しい事が載っています)


韓国は壁面緑化にも積極的で、ソウル市庁など色んな建物が壁面緑化されているのですが、韓国オーガニックコスメのイニスフリーとネイチャーリパブリックも、店舗を壁面緑化していて、とても綺麗です。
ネイチャーリパブリック明洞ワールド店の壁面緑化の写真
イニスフリー フラッグシップストア明洞の壁面緑化の写真


韓国は国を挙げて屋上緑化にも勤めており、国の助成金も出ます。
韓国の緑化運動は、本当にハイスピードで進んでいます。


スポンサーリンク